症拠手記

すべてではない特異的な観点から法現象を綴ったもの。基本スタンスは「科学者」または「分析家」。専門的・閉鎖的より学際的・開放的な方向性。トップダウンよりボトムアップ。業界的にはある意味で文字通りのアウトロー。

参考文献

個人的に参照頻度の高いもので、市販されているものに限る(コンメンタール、判例集を除く。)。具体的な引用表記については「:」の後の引用略記による。なお、書籍の改訂があるとき、当該最新版書籍のページ番号と過去記事で記述した参照ページの番号とが一致しないことがありうることに注意されたい。

◆刑事系

  1. 井田良『講義刑法学・総論』(有斐閣、補訂版、2011年):井田総論
  2. 西田典之『刑法各論』(弘文堂、第6版、2012年):西田各論
  3. 渥美東洋『全訂刑事訴訟法』(有斐閣、第2版、2009年):渥美
  4. 渥美東洋『刑事訴訟法要諦』(中央大学出版部、1974年):渥美要諦
  5. 渥美東洋『レッスン刑事訴訟法〔上〕』(中央大学出版部、1985年):渥美上
  6. 渥美東洋『レッスン刑事訴訟法〔中〕』(中央大学出版部、1986年):渥美中
  7. 渥美東洋『レッスン刑事訴訟法〔下〕』(中央大学出版部、1987年):渥美下
  8. 渥美東洋『罪と罰を考える』(有斐閣、1993年):渥美罪罰
  9. 酒巻匡『刑事訴訟法』(有斐閣、2015年):酒巻
  10. 松尾浩也・岩瀬徹編『実例刑事訴訟法Ⅰ』(青林書院、2012年):実例刑訴Ⅰ
  11. 松尾浩也・岩瀬徹編『実例刑事訴訟法Ⅱ』(青林書院、2012年):実例刑訴Ⅱ
  12. 松尾浩也・岩瀬徹編『実例刑事訴訟法Ⅲ』(青林書院、2012年):実例刑訴Ⅲ
  13. 山室惠編『刑事尋問技術』(ぎょうせい、改訂版、2006年):刑事尋問
  14. 池田修ほか『解説裁判員法』(弘文堂、第3版、2016年):解裁員
  15. 三島聡編『裁判員裁判の評議デザイン-市民の知が活きる裁判をめざして』(日本評論社、2015年):評議デザイン
  16. 司法研修所編『平成19年版刑事判決書起案の手引』(法曹会、2007年):刑事起案手引
  17. 司法研修所編『平成21年版刑事第一審公判手続の概要』(法曹会、2009年):公判概要
  18. 司法研修所刑事裁判教官室編『プラクティス刑事裁判』(法曹会、2015年):プラ刑
  19. 司法研修所刑事裁判教官室編『プロシーディングス刑事裁判』(法曹会、2016年):プロ刑
  20. 司法研修所編『裁判員裁判における第一審の判決書及び控訴審の在り方』(法曹会、2009年):司研61輯2号
  21. 司法研修所編『裁判員裁判における量刑評議の在り方について』(法曹会、2012年):司研63輯3号

◆法制史

  1. 神植伊浅ほか編『日本法制史』(青林書院、2010年)
  2. 出口雄一ほか編『概説日本法制史』(弘文堂、2018年)
  3. 川口由彦『日本近代法制史』(新世社、第2版、2014年)
  4. 出口雄一『戦後法制改革と占領管理体制』(慶應義塾大学出版会、2017年)
  5. 勝田有恒『概説西洋法制史』(ミネルヴァ書房、2004年)

◆一般

  1. 浅田彰『構造と力』(勁草書房、1983年):浅田
  2. 東浩紀『存在論的、郵便的』(新潮社、1998年):東
  3. 落合陽一『魔法の世紀』(PLANETS、2015年):CM
  4. 落合陽一『デジタルネイチャー』(PLANETS、2018年):DN
  5. 松本卓也『人はみな妄想する』(青土社、2015年):松本上
  6. 松本卓也『享楽社会論』(人文書院、2018年):松本下
  7. ジル・ドゥルーズ+フェリックス・ガタリ(宇野邦一訳)『アンチ・オイディプス上』(河出書房新社、2006年):AO上
  8. ジル・ドゥルーズ+フェリックス・ガタリ(宇野邦一訳)『アンチ・オイディプス下』(河出書房新社、2006年):AO下
  9. スラヴォイ・ジジェク(鈴木晶訳)『イデオロギーの崇高な対象』(河出書房新社、2000年):ジジェク
  10. スラヴォイ・ジジェク(松浦俊輔訳)『仮想化しきれない残余』(青土社、1997年)
  11. スラヴォイ・ジジェク(酒井隆史・田崎英明訳)『否定的なもののもとへの滞留』(筑摩書房、2006年)
  12. スラヴォイ・ジジェク(山本耕一訳)『パララックス・ヴュー』(作品社、2010年)
  13. ローレンス・レッシグ(山形浩生訳)『CODE VERSION 2.0』(翔泳社、2007年):レッシグ
  14. 米国精神医学会『DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引』(医学書院、2014年):DSM5
  15. 米国精神医学会『DSM-Ⅳ-TR 精神疾患の分類と診断の手引』(医学書院、2002年):DSMⅣ
  16. 『ICD-10 精神および行動の障害-臨床記述と診断ガイドライン』(医学書院、2005年):ICD10

※デリダとラカンはそのまま読めませんでした。無理だた…

著作権法に規定される場合を除いて、ブログ内のコンテンツの無断転載等はご遠慮ください。
また、当ブログは法律学習を目的とするものであり、実際に生じた法律問題の解決を目的としておりませんので、法律相談等はお近くの法律事務所までお願いします。記事中において金融商品に関して言及することがありますが、投資・投機等を勧めるものではありません。当ブログに記載された内容またはそれに関連して生じた問題について、当ブログは一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。