症拠手記

法学的実践知を綴ったもの。概念の遡及的変更を繰り返す通時的な読み物としてお楽しみください。

参考文献

個人的に参照頻度の高いもので、市販されているものに限る(コンメンタール、判例集を除く。)。具体的な引用表記については「:」の後の引用略記による。なお、書籍の改訂があるとき、当該最新版書籍のページ番号と過去記事で記述した参照ページの番号とが一致しないことがありうることに注意されたい

◆刑事系

  1. 井田良『講義刑法学・総論』(有斐閣、補訂版、2011年):井田総論
  2. 西田典之『刑法各論』(弘文堂、第6版、2012年):西田各論
  3. 渥美東洋『全訂刑事訴訟法』(有斐閣、第2版、2009年):渥美
  4. 渥美東洋『刑事訴訟法要諦』(中央大学出版部、1974年):渥美要諦
  5. 渥美東洋『レッスン刑事訴訟法〔上〕』(中央大学出版部、1985年):渥美上
  6. 渥美東洋『レッスン刑事訴訟法〔中〕』(中央大学出版部、1986年):渥美中
  7. 渥美東洋『レッスン刑事訴訟法〔下〕』(中央大学出版部、1987年):渥美下
  8. 渥美東洋『罪と罰を考える』(有斐閣、1993年):渥美罪罰
  9. 酒巻匡『刑事訴訟法』(有斐閣、2015年):酒巻
  10. 松尾浩也・岩瀬徹編『実例刑事訴訟法Ⅰ』(青林書院、2012年):実例刑訴Ⅰ
  11. 松尾浩也・岩瀬徹編『実例刑事訴訟法Ⅱ』(青林書院、2012年):実例刑訴Ⅱ
  12. 松尾浩也・岩瀬徹編『実例刑事訴訟法Ⅲ』(青林書院、2012年):実例刑訴Ⅲ
  13. 山室惠編『刑事尋問技術』(ぎょうせい、改訂版、2006年):刑事尋問
  14. 池田修ほか『解説裁判員法』(弘文堂、第3版、2016年):解裁員
  15. 三島聡編『裁判員裁判の評議デザイン-市民の知が活きる裁判をめざして』(日本評論社、2015年):評議デザイン
  16. 司法研修所編『平成19年版刑事判決書起案の手引』(法曹会、2007年):刑事起案手引
  17. 司法研修所編『平成21年版刑事第一審公判手続の概要』(法曹会、2009年):公判概要
  18. 司法研修所刑事裁判教官室編『プラクティス刑事裁判』(法曹会、2015年):プラ刑
  19. 司法研修所刑事裁判教官室編『プロシーディングス刑事裁判』(法曹会、2016年):プロ刑
  20. 司法研修所編『裁判員裁判における第一審の判決書及び控訴審の在り方』(法曹会、2009年):司研61輯2号
  21. 司法研修所編『裁判員裁判における量刑評議の在り方について』(法曹会、2012年):司研63輯3号
  22. 米国精神医学会『DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引』(医学書院、2014年):DSM5
  23. 米国精神医学会『DSM-Ⅳ-TR 精神疾患の分類と診断の手引』(医学書院、2002年):DSMⅣ
  24. 『ICD-10 精神および行動の障害-臨床記述と診断ガイドライン』(医学書院、2005年):ICD10
著作権法に規定される場合を除いて、ブログ内のコンテンツの無断転載等はご遠慮ください。
また、当ブログは法律学習を目的とするものであり、実際に生じた法律問題の解決を目的としておりませんので、法律相談等はお近くの法律事務所までお願いします。記事中において金融商品に関して言及することがありますが、投資・投機等を勧めるものではありません。当ブログに記載された内容またはそれに関連して生じた問題について、当ブログは一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。